第一回「アナーキスト と 読む」

このイベントは終了いたしました。ありがとうございました。

 

 

 

 

久しぶりに読書会を開催します。

 

今回は、地元のアナーキスト加藤匡通さん(茨城不安定労働組合 / 戦時下の現在を考える講座)に進行役をお願いし、

毎月新書版の本を1冊ずつ、読み散らかしていくシリーズです。

題して「アナーキスト と 読む」。

学生やサラリーマン、主婦、研究者、無職、自由人、そのほか、

いろんなジャンルの人にお集まりいただけると楽しくなるだろうなと思っています。

 

1冊目の本として今回は憲法学者 樋口陽一『個人と国家 今なぜ立憲主義か 』(集英社新書)を読みます。

この本が出版された当時(2000年)よりも、むしろ今のほうが著者の問題意識がよりアクチュアルに感じられるのではないでしょうか。

以下に、出版社による紹介文を掲載しておきます。

 

国家が国民を見捨てるとき「個人の尊厳」をいかに守っていくのか?

 

個人、国家、自由、民主、人権、政教分離、そして憲法。自明のこととして普段なに気なく使っているこれらの言葉の持つ本来の意味を考えながら、個人にとって国家とは何か、憲法とは何かを考えていく。あらゆる政治体制が「民主」という名において説明される現代において、「民主主義」という言葉は何も語っておらず、個人が個人として尊重される社会を確立するためには、国家の権力をも制限する立憲主義を再認識して、「憲法」を本気で議論すべきであると著者は説く。

 

 日   時: 2018年5月21日(月) 20時〜22時

 会   場: 千年一日珈琲焙煎所

 参加費: 無料

 

イベント情報 | - | posted by otsubo shigeto
Infomation
千年一日珈琲焙煎所
住所  つくば市天久保3-21-3 星谷ビル1F/G
電話   029-875-5092(大坪)
e-mail 1001coffee@gmail.com
instagram https://www.instagram.com/otbsgt/
営業時間 11:00-19:00(日 18:00)
定休日 火・水

千年一日珈琲焙煎所はコーヒ、古本と音楽、そしてけん玉のお店です。コーヒーは1杯300円。コーヒー豆は100g/ 600円、200g/ 1100円です。
卸のご相談も承っております。お気軽にお問い合わせください。
けん玉は、山形工房「大空」を取り扱いしています。

遠方からお越しの際はコチラをご参考に。


大きな地図で見る
twitter 1001coffee
Links
Categories
Archives
Recommend
Others