トークライブ 飯沢耕太郎 「30 years ago/30 years later 『つくば写真美術館 ’85』をめぐって」

いまから30年前、日本最初の写真美術館がつくばに存在したことを知っている人はそう多くはないだろう。1985年のつくばといえばEXPO’85筑波科学博が開催された年である。この年の3月から9月にかけてのおよそ6ヶ月間という期間限定で「つくば写真美術館 ’85」は開設されました。「パリ・ニューヨーク・東京」と題されたその展示内容は、19世紀から20世紀にかけての写真史を、都市への視線と交差させることによって再構成するという非常に野心的なものでした。

このプロジェクトに関わっていたキュレーターのひとりに、当時、筑波大学大学院の博士号を取得したばかりの飯沢耕太郎さんがいました。

今回の企画は、この30年間、写真批評の第一線で活躍してきた飯沢耕太郎による生身のトークライブです。飯沢さんに当時をふり返えっていただきこの「日本最初の写真美術館」というエポックメイキングな出来事を再検証していただくと同時に、あれから30年間、現在に至る写真/文化について評していただきます。

どうぞご期待ください。

トークライブ終了後には、飯沢さんによるポートフォリオ・レビューの時間も設けております。ご自身の作品を飯沢さんに見てもらい、直接講評がうけられる貴重な機会です。


 トークライブ 飯沢耕太郎 「30 years ago/30 years later 『つくば写真美術館 ’85』をめぐって」

 日 時 2015/10/03(sat)
     14:30 開場 / 15:00 開演
     17:30より飯沢耕太郎によるポートフォリオ・レビュー
            ***イベント終了後には懇親会を予定しております。

 料 金 一般 1,500円、 学生 1,000円

 予 約 E-mailでのご予約 : 1001coffee@gmail.com
     件名を「10/3 飯沢耕太郎」として、必要事項を明記の上、お申し込みください。
     1、お名前(代表者のフルネームをカタカナ表記にて)
     2、ご予約人数
     3、お電話番号
      • ご予約申し込みメール受信後、数日以内に受付確認のメールをお送り致します。

飯沢耕太郎(いいざわ・こうたろう) プロフィール
 写真評論家。きのこ文学研究家。1954年、宮城県生まれ。1977年、日本大学芸術学部写真学科卒業。1984年、筑波大学大学院芸術学研究科博士課程修了。主な著書に『写真美術館へようこそ』(講談社現代新書1996)、『デジグラフィ』(中央公論新社 2004)、『きのこ文学大全』(平凡社新書 2008)、『写真的思考』(河出ブックス 2009)、『深読み! 日本写真の超名作100』(パイインターナショナル 2012)、『きのこ文学ワンダーランド』(DU BOOKS 2013)ほか多数。
イベント情報 | - | posted by otsubo shigeto
Infomation
千年一日珈琲焙煎所
住所  つくば市天久保3-21-3 星谷ビル1F/G
電話   029-875-5092(大坪)
e-mail 1001coffee@gmail.com
instagram https://www.instagram.com/otbsgt/
営業時間 11:00-19:00(日 18:00)
定休日 火・水

千年一日珈琲焙煎所はコーヒ、古本と音楽、そしてけん玉のお店です。コーヒーは1杯300円。コーヒー豆は100g/ 600円、200g/ 1100円です。
卸のご相談も承っております。お気軽にお問い合わせください。
けん玉は、山形工房「大空」を取り扱いしています。

遠方からお越しの際はコチラをご参考に。


大きな地図で見る
二の宮珈琲公園
イベント情報

twitter 1001coffee
Links
Categories
Archives
Recommend
Others