トークライブ 「不透明な世界を生きる―脱原発と自律社会」

ゲンパツイラナイ展 緊急企画
トークライブ 「不透明な世界を生きる―脱原発と自律社会」
対談 岩田渉(市民放射線測定所) × 佐藤嘉幸(筑波大学)

日時 2012/07/14(sat) 18:00 open / 19:00 start
料金 1,200(1ドリンク付)
会場 千年一日珈琲焙煎所(つくば市千現1-23-18 ウイングパーク千現1F)
ご予約/お問い合わせ 1001coffee@gmail.com、 029-875-5092(千年一日珈琲焙煎所 火・水定休)  

 福島原発事故によって、私たちが暮らしている環境は深刻に汚染され、低線量被曝や内部被曝による健康被害が懸念されている。この対談では、原発事故後すぐに福島に移住して「市民放射能測定所」を立ち上げ、現地で放射能の影響に関する調査・報告を行う岩田渉と、権力への抵抗という観点から国家と原発の関係について思考する佐藤嘉幸が、脱原発と自律社会の可能性について議論する。

岩田渉プロフィール
 絵画制作、インスタレーション、自身のトリオやカルテットに向けた作曲、ピアノ演奏、集団即興等のアナログな音楽とコンピューターによる作曲を同時並行に行ってきた。
 3月11日の大震災、津波に伴う福島第一原子力発電所の事故以来、フランスのNGO CRIIRADと連携を取り、4月より空間線量測定を福島で開始し、6月からは食品汚染の測定を中心に行い、7月に市民放射能測定所(CRMS)を立ち上げて現在に至る。
 wTR名義でアルバム 「i-dimension」(2001)、「Current」(2007)をitunes storeから21ヶ国に向けてリリース



佐藤嘉幸 プロフィール
 京都大学大学院経済学研究科博士課程修了後、パリ第10大学にて博士号(哲学)取得。現在、筑波大学にて、フランス現代思想を中心とする思想史、社会理論、権力理論を講じる。主な著作に、"Pouvoir et résistance: Foucault, Deleuze, Derrida, Althusser"  (L'Harmattan, 2007)、『権力と抵抗――フーコー・ドゥルーズ・デリダ・アルチュセール』(人文書院、2008)、『新自由主義と権力――フーコーから現在性の哲学へ』(人文書院、2009)。訳書にジュディス・バトラー『自分自身を説明すること――倫理的暴力の批判』(清水知子との共訳、月曜社、2008)、『権力の心的な生』(清水知子との共訳、月曜社、2012)。
イベント情報 | - | posted by otsubo shigeto
Infomation
千年一日珈琲焙煎所
住所  つくば市天久保3-21-3 星谷ビル1F/G
電話   029-875-5092(大坪)
e-mail 1001coffee@gmail.com
instagram https://www.instagram.com/otbsgt/
営業時間 11:00-19:00(日 18:00)
定休日 火・水

千年一日珈琲焙煎所はコーヒ、古本と音楽、そしてけん玉のお店です。コーヒーは1杯300円。コーヒー豆は100g/ 600円、200g/ 1100円です。
卸のご相談も承っております。お気軽にお問い合わせください。
けん玉は、山形工房「大空」を取り扱いしています。

遠方からお越しの際はコチラをご参考に。


大きな地図で見る
twitter 1001coffee
Links
Categories
Archives
Recommend
Others